有名アーティストも多数参加!音楽投稿サイト「SoundCloud」

 SoundCloudをご存知ですか? インディー作曲家に愛されまくっているこのサービスですが、2007年にスタートしたこのサービスで、とても単純なんですが、現在とっても熱いんです。しかし一体何がすごいのでしょうか?

かつてMySpaceがそうだったように、SoundCloudは既存の概念を底からひっくり返す、当代のミュージックツールです。何人でも簡明に曲をアップロードでき、他の作曲家がアップした曲を聞いたりダウンロードしたり、共有したりも出来ます。このような作曲家間の相互作用が、SoundCloudの大きな特色。もはやSoundCloud無しでは、今日のミュージック界は語れないものになっているのかも。

 TwitterがSoundCloudを買収する評判が持ち上がった折に、大きなトピックとなったのも納得です。それが実現しなかった事は、ミュージック界とその将来にとって、そして何よりもユーザにとって、とてつもなくラッキーでしたね。

 なぜならSoundCloudのおかげで、ミュージックの天下はずんずん広がっていっているんです。ここで話すミュージックとは、著名作曲家だけではなく、ミュージックを作った人の事を指しています。発掘されていないインディーバンドや、無名ラッパー。それだけでなくビヨンセやドレイクといった大立て者まで、みんながみんなSoundCloudを使っています。SportifyやiTunes、最新のヒットチャートにのるよりも前に、SoundCloudに最新曲がアップされています。アップされる曲もさまざまで、後のプラチナ盤から、赤ちゃんが叩いたドラムの音色まで、なんでもありです。

 なぜSoundCloudはこれほど評判なんでしょうか? それはなんといっても、全ての人が作曲家になるのに均等な機会を与えているという事。作曲してSoundCloudに投稿するのには、レコード会社との契約や高額な広報費などは全くと言っていい程必要ありません。1分ごとに12時間分ものミュージックがアップロードされます。またアップロードの容量もユーザーに大変親切のです。2時間分は無料でアップロードでき、4時間ならば55ドル、無制限ならば135ドルとなっています。つまりほとんどのユーザーにとって、SouncCloudはフリーで楽しめるものです。

 この使いやすさこそSoundCloudの最大の魅力、そしてこのツールがこれほど大きくなった事由と言えるのではないでしょうか。現在やユーザー数はなんと3億人。去年7月には2億人だったので、1年間で1億人も増えた事になります。ものすごい成長率ですが、SouncdCloudのミュージシャンにやさしいプラットフォームを考えれば当然。

 SoundCloudが開発される前より、アルバムのプロモーションは大変楽になりました。8年くらい前では、自社のウェブサイト上に曲をのせて、ダウンロードしてもらっていましたが、現在考えると、売り手としては受動的すぎます。その頃はまだMySpaceすらなかった時代なので、買い主ががんばってミュージックを探さなければならなかったんですよ。それが現在は全くと言っていい程逆です。SoundCloudでは、ユーザーに直接ミュージックをフィードできるんです。

 ミュージック界も、よりアクティブに売り込めるって言う事ですね!

 唯一の難点といえば、いいものが永遠にタダであるわけではない、ということ。もしかするとコレからは、SoundCloudのページを開くたびに広報が出てくる、みたいな事になってしまうのかもしれないんです。SoundCloudが米Gizmodoに語ったところによれば、マネタイゼーション、つまりどうやってSoundCloudから利益を生み出すか、というのが次なるステップであるとのこと。でもそれも彼らにとっては苦渋の決断なんです。

 そうでなければ、先のツイッターによる買収騒動のような事が、実現しかねません。不幸ながら、過去に大きな競合相手に買収され消えていった素晴らしいサービスは、数えきれるものではないでしょう。

 とはいえSoundCloudの周りには噂が絶えません。メジャー会社とライセンス契約について話しているだとか、YouTubeと同じようなプリロール広報仕組み《ミュージックが始まる前に広報を流す》を取り入れるだとか。まあそれですんでくれれば、まだいいほうでしょうか。

 現在、ミュージック業界ではたくさんの事が起こっています。新たな作曲家の誕生、聞いた事もないようなジャンルのミュージック、従来のコモンセンスをひっくり返すようなビジネススタイル。SoundCloudが大きくなればなるほど、ミュージック界の可能性はどんどんひろがっています。こうしている現在でも。

 ちなみにピロカルピンはSoundcloudをやってませんでしたが、カバー曲はたくさんあるみたいでした!

 これからバンド活動をされるのであれば広報にSoundcloudを使ってみるのもいいかもしれませんね!

ピロカルピンとインディーズミュージックの世界!