インディペンデント・レーベルが今熱い!

 アーティストにとって、“メジャーデビュー”という文句にあったマジックは解けつつあります。

 メジャーデビューするという、形状のあるようなでない一種の“信教”みたいなものは、アーティストが世間に出ていく方策がとても限られていたからこそ生まれたものでしました。プロダクションに直属し、音盤企業と契約し、そのプロモーションネットに乗っかって マスメディアを通じて世間に露出していくという方式論が、メジャーデビュー信教を支えていました。

 この頃、環境は変わり、これまでの方途論をとらずとも、多くのファンを獲得し、活躍するアーティストは出て来ました。Twitter、Facebook、YouTubeをはしりとした様々なソーシャルメディア、そしてTuneCoreを開始とする様々な配信アグリゲートサービスがデビューし、マスメディアからの露出の多少に拠らず認知、共感を獲得し、購買へ誘導得る時世になったのです。アーティストが世間に出て行くための方法は多様化しています。

 日々の活躍をTwitterでつぶやき、画像はFacebookやPinterest、音源はSoundCloudにLast.fm、映像はYouTubeとUSTREAM、通信はFacebook、そしてFacebookに実装可能なコンテンツマネジメントアプリとしてBandPageやFanRx、FanBridgeなどがあります。時にはクラウドファンディングで活動資金を寄せる事も得るかもしれません。そして上記に挙げたサービスの何もかもが万国に通じています。

 自分達の情報や創作を自分で発信するためのツールは豊富に揃っています。この頃アーティストに必需なことは、様々なメディアの特性を知り、どんなふうにいったコンテンツをどのメディアにUPするのか、といったメディアに対するリテラシーを高め、また、関心を獲得し共感を手に入れるためのストーリーを計る事です。

 アーティストと、音盤企業の関連性は決定的に変わりました。音盤企業に頼らなくても世間に出て行けるようになった反面、アーティスト自身が戦略を練り、ツールを運用する必需が出て来ました。そして、フィールドは日本である必需はありません。ソーシャルメディアは天下と繋がっており、自己次第で世界中のファンを獲得出来、世界中から創作を買ってもらえるタイミングさえ広がっています。TuneCoreはまさに、自身で戦略をたて、万国をフィールドに自らどもの創作を届けて行くことをサポートしてくれるサービス。このツールを運用するもしないも、アーティスト自身にかかってます。

音楽をセリングする!Bandcamp

 次第にこの日本でも注目を集めている楽曲セリングサイト「bandcamp《バンドキャンプ》」。本社はアメリカですが、183ヶ国のアーティストにより約67万のアルバム、約540万楽曲が登録され活用されているようです《11/9現在》。実に世界中のアーティストに流通していますね。

楽曲をセリングする方策として一般的なのはCD制作でしょうか。しかしCD制作は経費もかかりますし、流通させることもそう簡明にはいきません。iTunesでのセリングも個人ではできませんし、soundcloudでもセリングはありますが、日本ではあまり流布していない気がします。しかし、bandcampを活用すれば、誰でも簡略に楽曲を直売できるのです。アカウントを作成し、専用ページを作り、楽曲をアップする、などが何もかも自己で行えます。まるでSNSサイトのようですが、コミュニティを作るような機能はまったくなく、自身のHPを作るような感覚で紙面を作成できます。ダウンロードセリングがメインとなりますが、グッズなどをセリングすることもできますし、「Shere」ボタンでfacebockやTwitter、ウェブサイトに音源を貼付けることも可能です。

bandcampの良いところ

さらにbandcampのおもしろいところは、セリング値段を購入者に決めて買ってもらう「投げ銭」方式機能があることです。言うまでもない通常のCDセリングのように値段設定、逆に無料でダウンロード設定もできますが、「100円より上」といったように最低金額を設定してセリング可能なのです。自身の楽曲をいったいいくらで購入してもらえるのか、とても気になりませんか?

便利な所

 自分で楽曲セリングできるbandcampの利益は「速さ」ではないでしょうか。中間業者などもおらず、自己ですべて登録するため早さは強大無比です。中間マージンも少しということもあって、昨年東日本大震災の際にジャパンアーティストがいち早くチャリティー楽曲をbandcampでセリングした実例もあります。

音楽を探すのも買うのも楽しい

 bandcampはセリングするだけでなく、新たな音楽をみつけることも面白いサイトです。細かく札づけされていて種類別に検索すれば世界一ダウンロードされている楽曲を聴き込むこともできますし、日本ではあまり知られていないようなアーティストの楽曲を手に入れることも可能! センスのある曲を見つけてDJの選曲に役立ててはいかがでしょうか? ダンスミュージックからロック、ヒップホップまで幅広い世界中の曲を聴き込むことができます。

ピロカルピンとインディーズミュージックの世界!