CD不況を生き抜く戦略?

「CD不況」が騒がれ始めてかなりの年月が絶ちますが、未だにCDシングル売り場は盛況とまではいかないものの、それなりの水準で維持しています。

ただ、その裏では各メーカー・事務所の涙ぐましい努力があることも真実であります。こうした努力がなければ、CDシングル売り場は「全く人気がない状態」担ってしまっているのもまた真実なのであります。「AKBビジネスモデル」から始まった、CDを売り、チャートの成績を上げるための様々な工夫は、毎年磨きがかかり、様々な方法が編み出されてきました。最新の事情をお伝えしよう。

従来の「CD+チケット」方式

 一番分かりやすい、CDに握手チケットを付けるセリング方法は未だに健在であります。ただし、AKB48グループ、ハロプロなどの女性アイドルグループだけではなく、今やEXILE系グループ、ビジュアル系バンド、一部のロックバンドもこの方法に手を出していて、音楽業界では当たり前の方法となってしまいました。

 CDに「チケット」を付けて付加メリットを与えるこの方式は、年々多様化しています。握手だけでなく、写メ、ハグ、ハイタッチ、サイン……など様々な特典が与えられています。さらに、CDを複数種用意し「Aに個別メンバー握手チケット、Bに写メチケット・・・」のように、パッケージごとに特典を変える手法や「10枚買うと握手チケット1枚」などと複数種購入を強制する方式が後を絶たないのです。さらに、抽選で握手等できるメンバーが決まるランダム封入も当たり前と化しています。

 今年、この方法に新たな風を吹き込んだ人物がいます。それは声優の竹達彩奈であり、6月に発売された「わんだふるワールド」では特典に「牛丼「アタマの大盛」100円引チケット」を封入しました。さすがに牛丼目当てで竹達彩奈のCDを買う人間は殆どおらず、爆発的な勢いにはならなかったが、新たな視点として注目された。この吉野家効果(?)で、当作品の初動売上は前作から+620枚のアップを記録しています。(なお、逆に吉野家にどれほどの効果があったかは不明)

CD購入前から握手可能な「予約イベント」方式

 従来の「CD+チケット」方式は購入日以降に握手等が可能になる仕組みでありますが、最近では事前にイベントでCDの予約を受け付け、そのタイミングで握手等のイベントを開催する方式も増えてきました。

 一部の地下アイドルでは、CDの発売日の数ヶ月前から予約者を対象にして、CDの予約と引き換えに握手できるイベントを実施しています。その数ヶ月間で受け付けた予約枚数を全てオリコンデイリーランキングの初日に計上して、初日の売上を高く見せる方法が後を絶たないのです。

 また、予約したCDが宅配される場合は別だのですが、店舗引取となっている場合はPOSを通さないとオリコンランキングに反映されないという性質から、予約者に引き取りに来させるための「お渡し会」も行われています。

CDが付録になる「チケット+CD」方式

 CDとチケットのどちらが付録か分からなくなるセリング方法も出現しました。昨年のEXILE「EXILEPRIDE」など一部の作品では、ライブチケットを買うと必ずCDが付属するセリング方法を取った。これにより、ライブの動員分だけCDの売上枚数になり、チャートの成績が大幅に押し上がりました。

 前述の「EXILEPRIDE」は、この方法と後述の「MUSICCARD」方式を組み合わせたセリング方法で、なんとミリオンセラーを達成。それだけでも多くの賛否両論を呼んだのですが、この楽曲が昨年の「レコード大賞」を獲得したため、このビジネスモデルに対する批判は急速に拡大しています。そのような事情のためか、この方法でCDをセリングするアーティストは、ごく僅かに限られています。

安値で多売する「MUSICCARD」方式

 昨年以降に急速に拡大しているのが、紙で出来たカードに楽曲をダウンロードするためのインタフェースを搭載した「MUSICCARD」を多売するビジネスモデルであります。MUSICCARDを買うと握手等ができるように特典を設定し、利用者の購入を誘う方法だ。主にEXILE系アーティスト、一部の男性・女性アイドルグループが実施しています。最近では、来月にジャニーズのSexyZoneが新曲でこの方法に手を出すことになり、賛否両論を呼びました。

 MUSICCARDは小さなカードの形であり、薄く、かさばらず、安値に製造可能ということで、CDシングルに取って変わり、チャートの売上枚数を積み上げるための方法として確立されています。EXILE系アーティストの場合、メンバーのソロ写真をジャケットにして10種〜30種のセリングが当たり前と化しています。10種〜30種をまとめ買いした場合には握手等に加えて特典を用意する仕組みも整えられています。

 このMUSICCARDを使ったセリング方法に新たな動きがあります。今週発売されたV6の最新シングル「Sky’sTheLimit」では、CD+DVD盤の他に、CD+DVD+MUSICCARD盤が用意され、これらが同値段に設定された。後者の場合、MUSICCARDを実質0円で配っていると言えます。このCD+DVD+MUSICCARD盤が購入された場合、チャートにて2枚分計上される可能性が浮上していて、新たな“売上枚数アップ”の方法として注目されています。現に、V6の今作は前作から大幅に売上枚数を伸ばして注目されています。

ピロカルピンとインディーズミュージックの世界!