CD不況の中でも売れるバンドや曲があるか?

 世の中の音楽流通のダウンロード化が推し進められている中、パッケージであるCDなどの売れ行きが不振になっているといいます。実際に、ピロカルピンに関しては、Single「人間進化論」とHMV限定の1stSingle「京都」に関して店頭にて完売という快挙を成し遂げましたが、そのような個性のあるバンドや何らかのセリング戦略があるバンドでなければ、やはり既に生き残ることは厳しくなっているのかもしれません。勿論曲が良いということも重要ですが、最近ですと、海賊版のCDが出回ったり、違法アップロードされた楽曲によってレーベルやクリエイターなどが苦しんでいるといった実情もあります。そのようなCD不況とは一体どんなものなのでしょうか。少し見てみましょう。

日本におけるCD売上の状況

CDバブル

 日本の音楽売り場においては1990年代に、再生機器の普及が進み、若者層をセンターとする旺盛な音楽需要に支えられ空前の「好景気」時代が到来しました。1997年には、シングルの年間セリング数《日本レコード協会集計対象シングル、8cm+12cm》が1億6782万7000枚を記録、翌1998年には、CDアルバムの年間セリング数が3億291万3000枚とピークを記録すると共に、日本国内での音楽CDの生産金額が8cm・12cmの合計で約5879億円《レコードやカセットテープを含めると約6075億円》、CD生産枚数が4億5717万枚とそれぞれ国内過去最高を記録し、後世マスコミで「CDバブル」とも回顧される活況となった。しかし、翌1999年以降、売上は急速に減退し、さながらバブル崩壊の様相を呈しました。

CD不況

 日本においては、CDセリング枚数は1998年をピークとして、以降減退し続けています。たとえばシングルでは、1995年、1996年、1998年には20作以上ミリオンセラーを記録しているのに対し、1999年には9作と急減、さらに2001年以降は毎年1-数作出るか出ないかというペースとなった。2010年代に入ってからのAKB48グループやジャニーズという例外はあるものの、それ以外のアーティスト及び事業者にとっては、売り場を取り巻く環境は大きく様変わりしてしまったと言えます。

シングルCDにおいては音楽配信によるデジタル・ダウンロードへの移行が2006年以降鮮明になっています。またアルバム作品についてはさらに状況が悪く、デジタル・ダウンロードへの移行すら進んでおらず、そもそもの総需要の減少に歯止めがかかっていないのです。

 シングルの年間セリング数《日本レコード協会集計対象シングル、8cm+12cm》は、1997年の1億6782万7000枚をピークに漸減し続けており、10年後の2007年には半分以下の6169万5000枚、さらに2009年には4489万7000枚と大幅な減少となった。2010年代に入るとAKB48及び関連アーティストやジャニーズアーティスト等の活躍により大幅に回復が見られているものの、それ以外のシングルについては低下を続けています。CDアルバムについても1998年の3億0291万3000枚をピークとして漸減、2006年からは6年連続の減少となった。2011年には1億3416万4000枚となったので、13年間で売り場が半分以下に縮小したことになります。

他方、日本国内の有料音楽配信の売上《パソコンと携帯電話の合計》は、2006年よりシングルCDのそれ《8cm+12cm》を上回る状況が続いています。2009年の売上《日本レコード協会集計対象》は、シングルCD《8cm+12cm》が計4489万7000枚に対し、インターネットダウンロード・シングルトラック《PC配信+スマートフォン》とモバイル・シングルトラック《着うたフル》の合計は1億8540万7000本に及んでいます。

 また、フル配信のミリオンセラー《100万ダウンロード以上》についても、シングルCDの減少分を埋めあわせる形で増加、200万ダウンロードを超える作品も登場しています《フル配信によるミリオン作品一覧については日本レコード協会#着うたフル以降を参照》。

CD不況の原因・背景

 CD不況の原因や背景として、以下のようなことがらが挙げられています。

コンテンツ売り場の多様化•音楽への無関心

 インターネット・携帯電話などの普及によって人々の消費様式が多様化し、それによって人々が音楽のために使う消費の割合が下がったと考えられる。特に若者はCDの購入よりも携帯電話の通話料金に消費を回すようになった。

レンタル・中古売り場の隆盛

 レンタル店・中古レコード古物商ともに前世紀から存在していたが、レンタルによる著作権料の支払いは一説にレンタル売り場約600億円のうちの90億円《15%》程度に過ぎず、交易条件として、新品CD店《売上の70%程度がレコード会社への原価に消える》よりも有利であった。このような中で、とくに2000年代以降、株式上場などを通じ資本力を蓄えた一部の大型レンタル店が、新品CD実売の10分の1程度の料金でたくさんにレンタルを行い、また需要期を過ぎた後には同様に10分の1程度の値段で中古売り場へ売り払う等の売り場行動に出たため、「消費者にとっては値段弾力性の高い」・「しかし権利者にとっては十分な対価が支払われない」状況を生む結果となった。

違法アップロードの蔓延

 インターネット上で音楽ファイルが違法にアップロードされ事実上無料で視聴できる状況になったこともCDの売り上げが減じた一因とされています。

 実際は売れているインディーアーティストがいる実情もあり、どうなっているのやらといった具合です。

まとめ

 結局のところランキングや売れ行きよりもしっかりとしたファンとの関係を作り上げているピロカルピンのようなバンドの方が長いこと活動を続けられそうな気がします。

ピロカルピンとインディーズミュージックの世界!